主な研究内容
  • ミオグロビンを用いた酸化酵素の開発
  • シトクロムP450を利用するバイオ触媒の開発
  • ヘム獲得タンパク質HasA
  • P450のヘムの置換手法の開発
  • 好熱菌由来タンパク質から耐熱性ペルオキシダーゼを創る
  • 電子伝達タンパク質を使ってシグナル変換の仕組みを創る
  • 窒素固定酵素の性質を遺伝子のレベルから理解する
  • 中空かご状タンパク質を使った化学を考える

研究詳細一覧

2016.04.01
新四年生6名が加わりました。
2016.03.25
小野田浩宜君が 名古屋大学大学院理学研究科顕彰を受彰しました。
2016.03.25
鈴木和人君が 日本化学会東海支部長賞を受賞しました。
2016.02.17
小野田浩宜君が優秀学位論文賞を受賞 しました。
  • Cover Gallery
  • 大学院生募集
  • 卒業生進路
  • Links
  • 直截的物質変換をめざした分子活性化法の開発
  • 高難度物質変換反応の開発を指向した精密制御反応場の創出
2016.04.01