• Cover Gallery
  • 大学院生募集
  • 卒業生進路
  • Links

Lab. News.

ニュース一覧

2022年度

2022.4.27
博士課程2年の柴田将成君が3月に開催された日本化学会第102春季年会にて学生講演賞を受賞しました。トピックスに受賞写真追加
2022.4.20
修士課程2年の伊藤史哉君(トピックスに受賞写真追加)と須貝友紀さん(トピックスに受賞写真追加)がGTR卓越大学院の2022年度GTR proposal awardを受賞しました。
2022.4.5
荘司教授、有安助教、愛場准教授がデコイ分子によるP450BM3の反応制御に関する研究結果をまとめ、『水中有機化学反応プロセスの開発動向』』(シーエムシー出版)に掲載されました(研究業績・著書ページに追加)。
2022.4.4
愛場准教授と博士課程2年の柴田将成君が最新の研究結果を総説にまとめApplied Sciencesに掲載が決定しました(研究業績ページに追加)。
2022.4.4
2022年度がスタートし、新たに修士課程1年1名と卒研生6名がメンバーに加わりました。
2022.4.1
荘司長三教授が公益財団法人長瀬科学技術振興財団2022年度 研究助成に採択され、長瀬研究振興賞を受賞しました。(トピックスに受賞写真追加)

2021年度

2022.3.30
2019年度博士卒の四坂勇磨博士(現 理化学研究所)の研究成果がChemBioChemに掲載が決定し、オンライン公開されました(研究業績ページに追加)。
2022.3.25
学部4年の山本健太君が日本化学会東海支部長賞を受賞しました。トピックスに受賞写真追加
2022.3.25
修士課程2年の横山侑弥君が日本化学会東海支部長賞を受賞しました。トピックスに受賞写真追加
2022.2.9
愛場雄一郎准教授が2021年度野口遵研究助成に採択されました。トピックスに追加
2022.1.21
荘司長三教授が豊秋奨学会2021年度研究費助成に採択されました。トピックスに追加
2022.1.7
GTR年次成果報告会にて博士課程2年の米村開君が優れた融合研究に与えられるGTR research award(受賞写真)、修士課程2年の横山侑弥君(受賞写真)、修士課程1年の須貝友紀さん(受賞写真)が優れたポスター発表に与えられる優秀ポスター賞を受賞しました。トピックスに追加
2021.12.14
博士課程3年の唐澤昌之君の研究成果がAngew. Chem. Int. Ed.Angew. Chem.とに掲載が決定し、オンライン公開されました(研究業績ページに追加)。
2021.12.2
修士課程1年の相馬陸杜君が10月19日-21日でオンライン開催された第11回CSJ化学フェスタ2021にて優秀ポスター発表賞を受賞しました。
2021.11.30
有安真也助教が令和3年度愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業 第16回わかしゃち奨励賞基礎研究部門優秀賞を受賞しました。
2021.10.15
修士課程2年の横山侑弥君が10月15日でオンライン開催されたGTR卓越大学院プログラムリトリート2021の異分野融合研究提案コンテストにて2位受賞しました。トピックスに受賞写真追加
2021.10.14
2019年博士卒のJoshua Kyle Stanfield博士と荘司教授が当研究室のP450研究を総説にまとめ、Chem. Lett.に公開されました。(研究業績ページとcover galleryに追加)。
2021.7.17
修士課程2年の稲葉大晃君が7月17日でオンライン開催された第33回生物無機化学夏季セミナーにてポスター賞を受賞しました。
2021.5.6
博士課程2年の米村開君が3月19日-22日でオンライン開催された日本化学会第101春季年会(2021)にて学生講演賞を受賞しました。トピックスに受賞写真追加
2021.4.19
修士課程2年の稲葉大晃君がGTR卓越大学院の2021年度GTR proposal awardを受賞しました。
2021.4.8
J. K. Stanfield博士がP450BM3の研究をまとめた総説がQuim. Novaに掲載決定し、オンライン公開されました。(研究業績ページ追加)
2021.4.1
2021年度がスタートし、新たに卒研生5名がメンバーに加わりました。
2021.4.1
愛場雄一郎講師が4月1日付で准教授へ昇進致しました。おめでとうございます。
2021.4.1
四坂勇磨博士が理化学研究所 環境資源科学研究センター 分子生命制御研究チームに転出致しました。新天地でのご活躍を祈念しております。

2020年度

2021.3.25
学部4年の伊藤史哉君が日本化学会東海支部長賞を受賞しました。トピックスに受賞写真追加
2021.2.24
修士課程2年の柴田将成君が優秀学位論文賞を受賞しました。トピックスに受賞写真追加
2020.12.4
愛場講師とGerardo Urbina君(2018年度修士卒)と柴田将成君(修士課程2年)の研究成果がAppl. Sci. 2020, 10(23), 8663に掲載されました(研究業績ページに追加)。
2020.11.27
修士課程1年の大河内富夢君が10月20日から22日にオンラインで開催された第10回CSJ化学フェスタ2020において優秀ポスター賞を受賞しました。
2020.10.14
名古屋大学院工学研究科の忍久保洋教授と三宅由寛准教授の共同研究の成果がInorg. Chem. 2020年59巻に掲載が決定しました。(研究業績ページに追加)。
2020.10.13
博士課程1年の米村開君が9月28日から30日にオンラインで開催された錯体化学会第70回討論会においてポスター賞を受賞しました。
2020.9.23
博士課程3年の鈴木和人君の研究成果がChemical Communications, 2020, 56, 11026-11029に掲載が決定し、さらにInside coverに選出されました(研究業績ページとCover galleryに追加)。
2020.9.18
G30プログラムから新卒研生1名が配属されました。
2020.8.21
荘司教授の第六回ケムステバーチャルシンポジウム(2020年7月29日)「高機能性金属錯体が拓く触媒科学」より「酵素を誤作動させる分子を使う物質変換」(youtube ケムステチャンネル)へのリンクをトピックスページに追加しました。
2020.8.9
有安助教、Stanfield博士、愛場助教、荘司教授のP450に関するshort reviewがCurrent Opinion in Chemical Biology, 2020, 59, 155-163に掲載決定しました(研究業績ページに追加)。
2020.8.7
博士課程1年の米村開君の研究成果がACS Catalysis, 2020, 10, 9136-9144に掲載されました(研究業績ページに追加)。
2020.8.5
荘司教授、四坂博士がヘム獲得タンパク質による緑膿菌殺菌に関する研究成果をまとめ、「人工金属タンパク質で緑膿菌を狙い撃ち 緑膿菌が分泌するヘムタンパク質で金属フタロシアニンを送り込む」として日本薬学会会報誌ファルマシア Vo.56, No.8, pp749-753(2020)に掲載されました(研究業績ページに追加)。
2020.5.5
大阪大学大学院理学研究科の山口浩靖教授との共同研究の成果がChem. Commun. 2020年56巻に掲載が決定しました。(研究業績ページに追加)。
2020.4.1
2020年度(令和2年度)がスタートしました。新しく6名が卒研生として配属されました。

2019年度

2020.3.24
Joshua Kyle Stanfield博士の研究成果がChemistry Viewsに選定され、HPで紹介されています。
2020.3.23
ノースカロライナ州立大学から留学生として来日していたTalita MalewschikさんがCOVID-19感染拡大の影響で予定を切り上げて帰国致しました。またの来日を心よりお待ちしております。
2020.3.20
有安助教、愛場助教、荘司教授がP450BM3関連の成果をまとめた特集記事がえねるみくす(日本エネルギー学会機関誌)2020, Vol.99 (No.2), 147-154)に掲載されました(研究業績ページに追加)。
2020.3.13
Joshua Kyle Stanfield博士の研究成果が(英語版)Angew. Chem. Int. Ed. 2020年59巻,(ドイツ語版)Angew. Chem. 2020年132巻に掲載が決定し、オンライン公開されました。(研究業績ページに追加)。
2020.3.7
有安助教と荘司教授の高圧反応装置開発をまとめたMaterial reportが機能材料(シーエムシー出版)3月号(機能材料 Vol40 No.3 (2020))に掲載されました(研究業績ページに追加)。
2020.2.27
博士課程3年の日比野柾君の研究成果がChem. Commun.2020年56巻17号に掲載され、Inside back coverに選出されました(研究業績ページ、cover galleryに追加)。
2020.2.27
荘司教授と博士課程3年の四坂勇磨君の緑膿菌の光殺菌に関する研究成果をまとめた研究物語が月刊化学3月号(化学 Vol75 No.3 (2020)に掲載されました(研究業績ページに追加)。
2020.2.3
ノースカロライナ州立大学から留学生としてTalita Malewschikさんが研究室に加入しました。
2020.1.11
渡辺教授の日本化学会賞を記念したAward AccountsがBull. Chem. Soc. Jpn.に掲載決定しました(研究業績ページに追加)。
2019.12.5
修士課程2年の米村開君が2019年12月3日~5日に東大寺総合文化センターにて開催された4th International Symposium on Precisely Designed Catalysts with Customized Scaffoldingでポスター賞を受賞しました。(トピックページに写真)
2019.11.26
修士課程1年の柴田将成君が2019年10月15日~17日に東京タワーホール船堀にて開催された第9回CSJ化学フェスタで優秀ポスター賞を受賞しました。(トピックページに写真)
2019.11.25
博士課程3年の四坂勇磨君が日本最大の化学ポータルサイト「Chem-Station」で第232回スポットライトリサーチで紹介されました。
2019.11.11
荘司教授が半田高校でタイのマヒドン高校の学生に講義を行った様子が10/20日の中日新聞に紹介されました。
2019.10.7
児玉 侑朔君(M2)と有安真也助教らの研究成果がChemCatChem 2019年11巻19号に掲載され、cover picturecover profileに選出されました。
2019.9.17
G30プログラムから新卒研生1名が配属されました。
2019.9.11
荘司教授、修士課程2年の児玉侑朔君、有安特任助教の記者発表の内容が9/11の化学工業日報に掲載されました。
2019.9.4
博士課程2年の唐澤昌之君蛋白質科学会ポスター賞受賞コメントが 日本蛋白質科学会ニュースレター Vol. 19, No. 5 (2019)に公開されました。
2019.8.26
荘司教授、修士課程2年の児玉侑朔君、有安特任助教の記者発表の内容が8/26の日本経済新聞に掲載されました。
2019.8.20
荘司教授、修士課程2年の児玉侑朔君、有安特任助教が研究成果を「気体を安全に加圧可能な高圧反応装置の開発! 不活性な気体資源の有効活用に道筋」の内容で記者発表致しました。
2019.8.16
博士課程3年の四坂勇磨君と荘司教授の記者発表の内容が8/16付、朝日新聞に掲載されました。
2019.7.29
博士課程3年の四坂勇磨君と荘司教授の記者発表の内容が7/29付、科学新聞に掲載されました。
2019.7.25
博士課程3年の四坂勇磨君と荘司教授の記者発表の内容が7/25付、読売新聞の「東海サイエンス」に掲載されました。
2019.7.23
博士課程3年の四坂勇磨君と荘司教授の記者発表の内容が中日新聞に掲載されました。
2019.7.17
博士課程3年の四坂勇磨君と荘司教授が研究成果を「栄養獲得システムを乗っ取り、病原菌を撃退! 緑膿菌を選択的に殺菌できる新手法を開発」の内容で記者会見致しました。
2019.7.9
四坂勇磨君と荘司教授の論文がACS Chemical Biology 2019年14巻7号に掲載され、cover pictureに採択されました。
2019.7.3
博士課程3年の四坂勇磨君がNU-UoE JD and JSPS Core-to-Core Joint-Workshop on "New Horizons in Chemistry and Materials Science"でポスター賞を受賞しました。
2019.6.25
博士課程1年の唐澤昌之君が第19回日本蛋白質科学会年会でポスター賞を受賞しました。
2019.6.13
榊原えりかさん(D1)と四坂勇磨君(D3)らの研究成果がRSC Advances 2019年9巻32号に掲載されました。
2019.6.6
博士課程1年の唐澤昌之君が15th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry でElsevier Best Poster Prize (Journal of Inorganic Biochemistry賞)を受賞しました。
2019.6.6
修士課程2年の米村開君が15th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry でPoster Awasrd (ChemBioChem&Chemistry A European Journal賞) を受賞しました。
2019.6.5
博士課程2年の鈴木和人君が日本化学会第99春季年会(2019)学生講演賞を受賞しました。
2019.4.1
荘司グループ発足。新卒研生5名が配属されました。
2019.4.1
博士課程1年の唐澤昌之君と荘司教授の記事がバイオサイエンスとインダストリーVol.77(2019)P46-47に掲載されました。

pagetop